薪ストーブ 新潟 のスズキ研工です。
新潟県内を中心に廃材や松・竹も燃やせるエコなストーブと火災の心配がない角型屋根抜き煙突の施工・ストーブと煙突のメンテナンスから薪の販売も行なっています。

薪ストーブ製造・販売のスズキ研工

2016.09-tops.jpg

kenko-home-12HV-001.jpgkenko-home-12HV-001.jpgkenko-home-nensiyo-001.jpgkenko-home-nensiyo-001.jpgkenko-home-eco-001.jpgkenko-home-eco-001.jpgkenko-home-access-001.jpgkenko-home-access-001.jpg

HOME

薪ストーブのランニングコスト、、、メンテナンス費用や薪代にお困りではありませんか?

一般的な薪ストーブはガスケットや断熱材、触媒(触媒式薪ストーブの場合)など定期的に交換しなければならない部品が多数あります。
スズキ研工の薪ストーブは交換が必要な部品を極力減らしています。せいぜいガスケットを交換するくらいです。
それも常時開閉するドアにはガスケットを使用していませんので本当に部品代は掛りません。
また薪も高額な広葉樹は不要です。杉や松でも十分暖かく、薪も長持ちします。
それ故欧米の名立たる高級機からスズキ研工の薪ストーブに入れ替えられるお客様が後を絶ちません。
薪ストーブを入れたけど「メンテナンス費用が高い」、「暖まらない」、「薪代が掛る」と言う方は是非当社の省エネ薪ストーブをご覧ください。

スズキ研工
鈴木勇三郎

杉・松・竹から廃材まで使えます!

スズキ研工の薪ストーブなら「杉」で十分!

杉大割り4本で3時間は楽々燃焼します。
薪を購入されているストーブ愛好家の皆さん、
まだ高い「ケヤキ」や「ナラ」を買い続けますか?

欧米・アメリカのいわゆる一流と言われる薪ストーブから当社の薪ストーブに入れ替えたお客様から「驚きの声」が上がっています。
「薪の消費量がうんと少なくなった」と、、。
自信を持ってお勧めする省エネの薪ストーブです。

※燃焼をご自分の目で確認されたい方は事前に連絡いただければ、着火からお見せいたします。お気軽にお電話ください。

TEL:0250-42-7147

dw-001.jpg

スズキ研工の薪ストーブと入れ替えた薪ストーブの一例

某有名メーカーのフラッグシップストーブです。「燃えが悪く、暖かくないし、メンテナンス費用が高い」との理由で「いらないから持っていって」と頼まれました。

※使われていた個人の方の感想です。

2014年、当社にて入替えさせていただいたお客様の感想です。
上越と下越のお客様、偶然同じモルソーでしたがお悩みは薪の消費が多いという事と暖まるまで時間が掛るという事でした。。

1630-004.jpg

モルソー1630CBをお使いでした。

デザインからすると旧型機でしょうか?薪の消費量が多い事がお悩みでした。

1630CB-004.jpg

モルソー1630CB

今までのモルソーから比べると弊社のストーブはすぐに暖まると驚かれました。

薪の種類を選びません!

スズキ研工の薪ストーブとは

堅く火持ちの良い広葉樹は魅力があります。しかし、地域によっては思うように広葉樹が確保できない、価格が高く常に焚く事が難しい、、など様々な制約が出てきます。
せっかく設置した薪ストーブ、薪の種類を選ばず毎日何でも焚ける事が重要だと思います。6mm鋼板を使っているスズキ研工の薪ストーブは熱にも強く、耐久性も備えているので杉・松・竹や建築廃材など資源をムダにしません。
※建築廃材でも薪として使えない種類:合板・塗料や防腐剤が塗ってあるものは有毒ガスが発生する危険があります。
sugi-002.jpg間伐で廃棄された杉もりっぱな燃料となります。
耐久性に優れたスズキ研工の薪ストーブは「薪ストーブの原点」を見据えて心を込めて製作しました。ぜひこのエコストーブをご体感ください。

take-003.jpg始末に困る竹も薪として使えます!

荒廃した竹林の整備でも活躍

ここ数年「里山保全」や「荒廃した竹林」という言葉を聞く機会が増えてきました。
中でも竹林は手入れを怠るとすぐに荒れてしまい、また伐採した竹の処分にも困ります。スズキ研工の薪ストーブは乾燥させた竹を他の薪とミックスさせて燃料として使用する事が可能です。

竹を使う際のポイント:竹のみを燃料として使わず、他の薪(広葉樹・杉や建築廃材)などと一緒に焚いてください。また、割らない状態では焚かないでください。必ず、割るか節に穴を開けるか、割れ目を入れてから焚いてください。

ご自身で煙突工事をされる方へお願い

薪ストーブで一番重要な物は実は煙突です。誤った方法で煙突の施工を行うと火災の原因となります。
当社の薪ストーブをご購入されたお客様にはできるだけ当社での煙突施工をお願いしていますが、特にストーブの入れ替えで「取り付けは自分で、、」というお客様の中にはとても申し上げにくい事ですが「火災の危険が大きい取り付け方」をされているお客様がいらっしゃいます。
「今までこれで大丈夫だから、、」という安易なお考えでは本当に危険です。
ぜひ、煙突の重要性をご理解の上、施工は専門業者にお任せいただければ幸いです。

煙突施工に必要な部材の発注もスズキ研工にお任せください。
お客様ご自分でストーブまたは煙突を取り付けされて不具合が生じた場合、責任は負いかねませんのでご了承願います。

CIMG1402.jpg

おかげさまで大好評です。

「スズキ研工の薪ストーブがいい!」
最近、建築業や設計関係からのお問合せや体験希望が相次いでいます。
とてもうれしい出来事と思っています。
特に建築業(大工さん)の方はご自宅や作業所で当社の薪ストーブを使われてその使い勝手の良さからご自分のお客様(施主様)に紹介されるケースが増えています。
大事な施主様をご紹介してくださった方々をガッカリさせない為にも少しでも良い薪ストーブを作りたいと思います。

良く燃える薪ストーブの写真GU-12HV

ハイブリッド:GU-12H型の五大特徴

①エアーウォッシュ装置でガラス面はいつもきれい!
②薪の消費は当社実験で従来比の2~3倍長持ち!
③本体が260℃を越えると排煙はほとんど出ません!
④一発着火から30分ほどで約300℃前後まで上昇!
⑤メンテナンスによる部品交換は不要!
⑥ムダを省いたシンプルデザイン!

事務所での実演について

取り付け工事などで不在になることがありますので、見学・実演希望の方はお手数ですが事前に電話をいただけると助かります。
ご来店の前に一報頂ければ準備してお待ちしております。
電話:0250-42-7147

メール:miraieco09@gmail.com

ストーブ本体裏面や側面に付ける遮熱版を制作しました。
詳しくはこちら

当ホームページの内容及び当社のカタログ・価格表などを他ホームページやブログへ無断で転記・流用する事を禁止致します。

更新情報 
更新情報を見る

facebookrogo-1.png

kenko-home-01.jpg
kenko-gu12HVC-01.jpgkenko-gu12HVC-01.jpg
kenko-gu12hv-01.jpgkenko-gu12hv-01.jpg
kenko-accessories-01.jpgkenko-accessories-01.jpg
kenko-sakura-01.jpgkenko-sakura-01.jpg
kenko-makihanbai-01.jpgkenko-makihanbai-01.jpg
kenko-katalog-01.jpgkenko-katalog-01.jpg
kenko-entotu-01.jpgkenko-entotu-01.jpg
kenko-stoveseizo-01.jpgkenko-stoveseizo-01.jpg
kenko-prf-01.jpgkenko-prf-01.jpg
kenko-qa-01.jpgkenko-qa-01.jpg
kenko-link-01.jpgkenko-link-01.jpg
kenko-tokutei-01.jpgkenko-tokutei-01.jpg
kenko-koe-01.jpgkenko-koe-01.jpg
kenko-qanda.jpgkenko-qanda.jpg

スズキ研工のハイブリッド薪ストーブ

スズキ研工

〒959-1823
新潟県五泉市駅前2-3-21
TEL:0250-42-7147
FAX:0250-42-7148
月曜~金曜 8:00~17:00
※土日は設置工事で不在になる事があります。

実演ご希望のご予約

事前連絡で土日対応致します。
実際に焚いてみたい薪がありましたらご持参ください。

rogo.jpg

個人情報保護方針

当社は、お客様より取得させていただいた個人情報を適切に管理し、個人情報の漏えい、改ざんなどの防止するために個人情報を安全に管理、是正に努めます。また、お客様より取得させていただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用し、お客様の同意を得た会社以外の第三者に提供、開示等一切いたしません。

販売実績



オレンジの文字客様は2台購入されました。

※最近県外のお客様から「購入希望」との本当にありがたいお問合せを多数いただいております。
2013年現在、設置・煙突施工対象地域は新潟県隣接県までとさせていただきます。それ以外の県はストーブ本体の発送対応とさせていただきます。申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。